wallyhorn.org

おやつにもおつまみにもなるゴーヤ料理

おやつにもおつまみにもなるゴーヤ料理

おやつにもおつまみにもなるゴーヤ料理 沖縄料理でもゴーヤを使ったものは多いですが、そのままではとても苦くて食べられないので、苦さを抜く為の処理が必要です。塩もみ・水にさらす・加熱する、などの処理をすると苦みが抜けます。しかし、それでも食べにくいときにはゴーヤチップスに料理して食べてみるととても食べやすくなります。作り方は至って簡単で、まずゴーヤを薄切りにして、油で揚げて塩を軽く振れば出来上がりです。ゴーヤにはカロテンとビタミンCが含まれていますが、カロテンは、油に溶け込みやすい性質がありますし、ビタミンCは熱に弱いという性質を持っています。なので、短時間で油で揚げるという方法は理にかなっている調理法なのです。

しかも、ゴーヤチップスはほとんど苦みがなくなるので、子供のおやつとしても食べられます。もちろん、おつまみにしても美味しいです。ゴーヤのビタミンCの含有量はきゅうりの5倍とも言われており、夏バテ解消や疲労防止にはぴったりです。ゴーヤを選ぶときのポイントは、イボが硬めでゴツゴツしているものを選ぶと良いです。ゴーヤチップスに料理するときにくり抜く真ん中のわたの部分は、揚げて天ぷらにして頂くことも出来るので、無駄になりません。
Copyright (C)2016おやつにもおつまみにもなるゴーヤ料理.All rights reserved.